フェアトレードとは

フェアトレードとは、社会的・経済的に困難な状況にある生産者から適正な価格で持続的に商品を購入することで生産者の生活や環境の向上を目的とした経済構造です。

従来の経済構造では弱い立場に置かれた生産者が主に受注や生産の工程で搾取されたり、児童労働に従事させられたりするケースが多々見られます。
フェアトレードは作り手、買い手、消費者みんなが安心して生産から消費までを完結する仕組みを目指しています。

ZAHARAのオリーブオイル

ZAHARAは、現在イスラエルとパレスチナ自治区の2か所から良質なエキストラバージン・オリーブオイルを輸入しております。

ガリラヤのシンディアナ

(ガリラヤのシンディアナ理事のハダスさんとオリーブ畑にて)
イスラエル北部ガリラヤ地域を中心に活動しているフェアトレード団体ガリラヤのシンディアナからはイスラエルの固有種「バルネア」を輸入しております。ZAHARAのオリーブオイルは2012年から栽培がはじまった畑の若木の実から搾られています。フレッシュでスパイシーな味わいです。ぜひ和食や白身魚とご一緒にどうぞ。

コフル・カッドゥーム村

パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のコフル・カッドゥーム村からは、村の共同組合を通じて代々のオリーブ農家が丹精込めて育てたパレスチナの固有種「ナバル・バラディ」を輸入しております。
(パレスチナの固有種「ナバル・バラディ」)
「ナバル・バラディ」は、古木と若木からバランスの取れた苦味・辛味・甘みやナッツのような濃厚さをお楽しみいただけます。ぜひ煮込み料理やステーキとご一緒にどうぞ。コフル・カッドゥーム村のエキストラバージン・オリーブオイルはZAHARAオリジナルです。

コフル・カッドゥーム村のオリーブ農家・ジュマさん

ジュマさんの畑では、木々が水分を奪い合わないよう植樹間隔を広くとっています。またあえて水やりをしないことで実はより苦く育ちます。オーガニック栽培が農薬使用時の約7割の実付きとなりますが、少なくても病気や虫害が少なく健康な実がなりやすい特徴があります。
(ジュマさんのオリーブ畑)